*

子ども虫歯治療として進行止めは効果的?

   

は子どもの虫歯治療方法のひとつに、削らない、抜かないというのがあります。

ごく初期の症状で、歯の表面だけが虫歯になっている場合、進行止めという薬を塗るだけの処置をして様子を見るというものです。

スポンサードリンク

子どもが虫歯になったけど歯医者さんに行くのは可哀想

子ども虫歯は、歯医者さんで治療をするのが適切な方法ですが、小さな子どもを歯医者さんに連れて行くのは可哀想という親もいますよね。

大人でさえ、歯医者さんの治療の音に恐怖心を持っている人が多いのですから無理も無いことかもしれません。

だとしても、子どもの乳歯は 虫歯の進行がとても早いので、怪しいと感じた時点で診察を受けたほうが 簡単な処置で済みます。

ママ
娘の虫歯も進行のはやさにビックリしています。永久歯が生えてくるまでもつかどうか…

 

グズグスしていると、歯茎の奥にまで進行してしまうことがあり、そうなると神経を抜くような処置が必要となってしまいます。

子どものことを考えるのなら、一刻も早く歯科医院へ行くべきといえるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

進行止めによる治療は効果があるの?

進行止めは、1ヶ月が2ヶ月後に再度診察を受けて、虫歯が広がっていなければそれでよし、という治療方法です。

ある程度の効果は認められていましたが乳歯にのみ用いていました。

その理由は…

使用している薬剤にあります。
銀化合物のフッ化サホライドを虫歯の部分に塗るのですが、薬剤の性質上塗った部分は必ず黒く変色します。

奥歯なら目立ちにくいですが、前歯などの場合には、真っ黒な口元になってしまいます

歯みがきなどでは落とせるものではないので、いずれ生え変わる乳歯にのみ使用するということなんですね。

虫歯 進行止め

 

進行止めは、最近は ほとんど使用していない

進行止めは2歳前後の幼児に用いることが多かったのですが、現在では使用している 歯科医はほとんどいないのが現状です。

主な理由は、塗った直後は効果は認められていたのですが、何度も布用な薬ではないことからブラッシングをしている間に薬剤の効き目が低下して、虫歯が進行してしまう可能性があるということがあります。

3歳前後になれば、子ども社会へデビューをしていて、進行止めの治療で歯が黒くなっていることを気にしてしまう子どももいる、という2つです。

このため、多くの歯科医院では、歯が生えそろって自分で食事が取れる年齢になれば歯科治療もできるので、通常の削ったりレジンを詰めたりという方法をとっています。

治療の痛みを心配する声もありますが、麻酔をしながら行いますので子どもに負担はかからないんです。

治療方法の選択権は親にありますが、乳歯だからこそ積極的な治療が大切です。

虫歯を根本から治療して、その後は自宅での歯みがきやデンタルフロスなどでのケアを万全にすれば、虫歯のリスクは軽減できますよ。

スポンサードリンク

 - 子どもの虫歯 ,