*

子ども虫歯で麻酔注射をして神経を抜くの?

   

娘の虫歯が進行しています。かかりつけの歯医者さんの先生から、「最悪 麻酔注射をして神経を抜くことになります」と説明されました。

先生は、なるべく神経を抜くことはさけたいので、家でのケアもしっかりして下さい。とのことだったのですが、子どもにも麻酔注射?と思い調べてみました。

スポンサードリンク

乳歯の虫歯治療について

子どもの虫歯は親が注意をしてマメにチェックをしてあげないと、あっという間に進行してしまいます

そのため、乳歯はいずれ永久歯に生え変わるからといって放置をしないことが大切です。

また、虫歯の特徴が大人の場合とは違っているのでこの点についても周知しておくようにしましょうね。

まず、乳歯は歯間に出来やすいという特徴があります。

奥歯のような平たい部分なら気づきやすいのですが、歯間の場合は気がついた時には穴が開いていたということもあります。

歯ブラシだけではなくデンタルフロスなども併用してケアをするのがおすすめです。

また、虫歯になっているのに歯が変色しないというのも子ども虫歯の特徴です。
そして進行が早いので気づくのが遅れてしまうことも多いです。

虫歯 神経抜く

EPSON MFP image

 

痛くなった時には神経まで進行している

子どもが虫歯で痛いと言い出した時には、かなり進行しているケースが多いです。

子どもは痛みに鈍感な部分があり、特に乳歯は虫歯にかかると神経のある部分まで蝕まれてしまいます。

そのような場合に、たとえ乳歯であっても神経抜く治療をせざるを得ません

入念な歯みがきや口の中のケアを行うことで、神経を抜くような治療は回避できますよ。

パパ
神経を抜くって歯を取っちゃうの?

ママ
歯を削って歯の中にある神経を取るだけで、歯は抜かないそうよ!

ママ
でも麻酔注射が痛いから先生はなるべく避けたいって言ってたわ…

スポンサードリンク

 

子どもに麻酔注射は可哀想…

神経を抜いたり、抜歯をするには麻酔注射が必要です。

しかし、歯茎に針を射すのは可哀想だと思っている保護者や親は多く、治療を躊躇するケースも少なくありません。

だからといって、虫歯が進行した歯の治療を行わずに放置すれば、さらに状態が進行しますし、子どもの将来を考えたら適切な治療が必要です

神経を抜くとしたら麻酔注射をしなければ治療ができません。

麻酔注射をする前に歯茎に表面麻酔剤塗るそうです。

わたしは、表面麻酔を塗るので注射の痛みはほとんど感じないのでは?と思っていました…

先生に聞いてみると、表面麻酔を塗ることによって歯茎への痛みはないけれど、麻酔注射はもっと奥の部分まで針をさすので、その痛みに耐えられずに子どもは泣いてしまうそうです。

麻酔注射をしている途中で、泣きだして体が動いてしまうと危険なので、なるべく麻酔注射をするような治療は避けたいとの事でした。

もし、うまく神経を抜くことに成功しても、1本ずつしかできないので、虫歯が何本もあった場合には痛みに子どもが耐えられるかどうか分からないし、「もう歯医者には行きたくない!」と言う可能性があるそうです。

大切なことは、虫歯の状態を細かく説明してもらうことと、どのような治療方法があるのかをしっかりと確認することです。リスクも含めて子どもにとってベストな方法を選んで上げるのも親のつとめですね。

スポンサードリンク

 - 子どもの虫歯 ,