*

老後は賃貸住宅が借りられない?

   

家やマンションを購入した方がいいのか、賃貸の方がいいのかというのは、いつの時代も出てくる話題で、意見も考え方もそれぞれです。

持ち家にも賃貸にもメリットとデメリットがあります。では、老後の住まいについては考えたことがありますか?

スポンサードリンク

老後の住まいについて考えたことがありますか?

ずっと賃貸住宅で暮らしてきた人は、管理費用が安くて気軽な賃貸暮らしをそのまま続けていきたいと思っている人も多いと思います。

もちろん、高齢者に部屋を貸してくれるところもたくさんありますが、中には制限をもうけているところもあります。

老後 借りられない

老後、賃貸住宅が借りられない?

60才を過ぎると、アパートなどの賃貸住宅を借りにくくなるという話を聞いたことがありませんか?特に独居高齢者に関しては、賃貸住宅の持ち主は神経質になる場合があるようです。

独居高齢者の場合、体調不良や火の不始末など様々なリスクを考えて貸し渋る持ち主が一部にいることは否めないようです。

また、これも大きな問題のひとつなのですが、ギリギリの生活費でやりくりしている高齢者の場合、家賃をきちんと払い続けてもらえるのかという心配もあるようです。

 

これらのことから、60才を過ぎた独居高齢者はなかなか賃貸住宅を借りられないという情報が流れているようです。

でも、多くの賃貸住宅の持ち主は高齢者に理解を示してくれます。

また、大手の賃貸住宅業者が間に入ることで、様々なトラブルにそのつど対応してもらうことも可能です。

これらの業者は高齢者でも住むことのできる住宅の情報も持っています。

老後、賃貸住宅を探したいと思ったら大手の賃貸住宅業者に相談してみましょう。

>>>最近よく耳にする老後破産とは?

>>>老後破産で住む家がなくなる?!

 

スポンサードリンク

 

重要なのは資金

やはり、高齢者が賃貸住宅を借りたいと思った時にいちばん重要になってくるのは資金です。

この先何年間も部屋を借り続けるための資金がきちんとあることは最低限の要素です。

年金や貯蓄を合わせても生活費がギリギリなようでは、賃貸住宅を借りられないということにもなりかねません。

また、子供や兄弟など、親族が保証人になってくれれば高齢者でも賃貸住宅を借りる時にそれほど苦労をすることはありません。

これからの時代は賃貸住宅に住む方が便利だと言う声も聞きます。

年を取ってからもスーパーや病院などに近い便利な地域に部屋を借りて、1人でも不自由なく暮らしている高齢者も増えています。

 

老後になっていざ賃貸住宅を借りたいと思った時にスムーズに借りることができる様、今から資金の準備はしておきたいものですね。

>>>老後の資金の必要額の貯め方について

>>>老後の資金計画とは?

スポンサードリンク

 - 老後