*

これで私は乗り切りました『中期離乳食の一週間献立』

   

赤ちゃんの離乳食作り、毎日大変ですね。

本当にお疲れ様です。

ママの気持ちが詰まった離乳食は、たとえ満足に食べてくれない時があったとしても、確実に赤ちゃんの体と心を満たしています。

でも、ママも疲れてしまったり、体調が優れない時は、献立を考えるのも辛いときがあります。

特に、中期の頃は離乳食への緊張がほぐれる頃でもあり、感じていなかった疲れが押し寄せる時期かもしれません。

そんなときのために、数日分の献立をたてて冷蔵庫に貼っておくと便利です。

今回は、無理できない時でも作れる『中期離乳食の一週間献立』をご紹介します。

スポンサードリンク

中期離乳食の一週間献立

離乳食 献立基本は、おかゆなど一品と野菜とタンパク質がとれる一品、という形にしています。

ライン-バツ

<1日目>

わかめのおかゆ

しらすの大根おろし和え

ライン

パンの白いところ

野菜とささみのスープ

ライン-バツ

<2日目>

おかゆ

お味噌汁の豆腐

ライン

おかゆ

肉じゃがのじゃがいもとにんじん

ライン-バツ

<3日目>

パンがゆ

じゃがいもとブロッコリーの和え物

ライン

しらすのおかゆ

湯豆腐

ライン-バツ

<4日目>

おかゆ

にんじんとほうれん草

お揚げのおひたし

ライン

パンの白いところ

クリームシチュー

ライン-バツ

<5日目>

パンがゆ

お豆腐のクリーム煮

ライン

おかゆ

鯛とじゃがいもの昆布蒸し

ライン-バツ

<6日目>

鯛の冷や汁風

ライン

しらすとわかめのおかゆ

ブロッコリーとささみの和風あんかけ

ライン-バツ

<7日目>

おかゆ

鯛のみぞれあんかけ

ライン

納豆としらすのチャーハン

豚汁の野菜

 

大変な時こそ、大人の料理を上手く利用

スポンサードリンク

 

赤ちゃんのために別献立を作りつづけるのは、労力もコストもかかります。

パパママ用の料理を、味付け前に取り分けて離乳食にするのがオススメです。

前述の献立にも、取り分けを使ったメニューを加えており、なるべく手間を省いて離乳食を作れるようにしてあります。

取り分けとその使い方をご紹介します。

 中期 離乳食の進め方の秘訣【食材の固さ・量】

 

<お味噌汁>

お味噌を溶く前に、具とお汁を取り分けます。

 

おかゆと一緒に出せば、立派な朝ご飯です。

細かくするためにすりおろしたり刻まなくても、食べる前にほぐして粗くつぶせば良いです。

 

<煮物>

味付け前に具材と煮汁を取り分けます。

柔らかさが足りない時は電子レンジで様子を見ながら加熱します。

食べやすい大きさにフォークでつぶして完成です。

じゃがいもやにんじんなどの根菜は、煮汁と一緒に冷凍しておくことができます。

出汁が染み、味が良くなりますので、オススメです。

パサ付きが気になる場合は、煮汁に片栗粉を加えてあんかけにすると食べやすくなります。

*アレンジ*

冷凍しておいたじゃがいもやにんじんに、茹でたブロッコリーやささみなどを加えて、煮汁のあんをかけると違った一品ができます。

 

<クリームシチュー>

牛乳や小麦へのアレルギーの可能性がある場合は、豆乳と米粉で代用します。

牛乳と小麦粉を混ぜて、とろみがつくまで煮たら、赤ちゃん用の野菜出汁と野菜、ささみを加えます。

具材に火が通ったところで、具材とルーを赤ちゃん用に取り分けます。

その後、バターやコンソメ、塩こしょうを加えて大人用とします。

*アレンジ*

シチューにパンを浸してパンがゆにしたり、ルーを取っておき、お豆腐など他の具材を加えても良いです。

 

<白身魚の昆布蒸し>

癖が無く、昆布との相性も良い鯛がオススメです。

タラはアレルギーに気をつけてください。

切り身の汚れやうろこをきちんと落としておきます。

蒸し器の一番下に1~2cm幅にスライスしたじゃがいもを敷きます。

その上に切り身を乗せ、5x2cm大の昆布を数枚を具材の間に差し込み、蒸します。

火が通ったら、切り身とじゃがいもを食べやすいようほぐし完成です。

大人はポン酢や岩塩、かぼすなどをかけて召し上がってください。

魚もじゃがいもも冷凍できます。

一緒に冷凍すると魚の旨味がじゃがいもに染みて美味しくなります。

昆布は味が強くなるので入れません。

*アレンジ*

しっとりしていますが、食べ難いようであれば、和風だしを加えたり、おかゆに混ぜると良いです。

大根おろしと和風だしを一煮立ちし、片栗粉を加えた、みぞれあんも相性が良いです。

4倍に薄めた大人のお味噌汁にほぐした切り身を加え、固めのおかゆにかけると、冷や汁風になります。

 ベテランママが実践している中期の離乳食でおかゆ食べないときにしている対処法

 

ライン
大人用を取り分けたり、おかずを取っておいて翌日の献立にアレンジして加えたりすると、離乳食作りが楽ですし、赤ちゃんも飽きにくくなります。

ご紹介した一週間献立は、この方法が使えるよう、連日の内容に関連性を持たせています。

また、なるべく連続して同じ食材を使えるようにして、ムダが出ないようにしています。

一週間献立を考える際は、連続性をもつように作っておくと、便利なだけでなく節約にもつながりオススメです。

是非オリジナルの一週間献立を作ってみてください。

 

スポンサードリンク

 - 離乳食 , ,