*

中期 離乳食の進め方の秘訣【食材の固さ・量】

   

離乳食を始めて1、2ヶ月ほど経つと、赤ちゃんの食への興味が次第に増し、食べるということにだんだん慣れてきますね。

食が細い子、食欲旺盛な子、好き嫌いのある子、なんでも食べる子など、随分と個人差が出てくる時期でもあります。

ついつい周りの子と比較して、中期に進めて良いのか悩んでいるママもいるかもしれません。

しかし、お口の機能が順調に発達しているようなら、中期に進みましょう!

中期に進むことで、次の段階への発達が促されますので、適切に進めた方が良いのです。

では、初期とは異なる中期の離乳食は、どのように進めていったら良いのでしょうか。

スポンサードリンク

食材の固さとお口の発達の密接な関係

離乳食の段階によって食材の固さが決まっていますね。

なんとなく柔らかいものから固いものへと変わっているのではなくて、それぞれお口の発達に合わせて決められています。

 

固すぎては食べ難く、吐き出したり丸飲みになりますし、柔らかすぎても丸飲みになってしまい、次の発達を十分に促すことができません。

そのため、離乳食は発達の段階に応じて必要な固さが推奨されています。

中期は「指で軽くつぶせる固さ」が推奨されています。

これは、前後しか動かせなかった舌が、上下に動かせるようになり、上あごと舌をつかって食物を押しつぶせるようになるからです。

 

もしも、初期のようなペースト状ばかりを与え続けると、押しつぶす動きが習得しにくくなり、次の歯茎をつかって咀嚼するという段階に進み難くなります。

ですから、食べる量が少なかったり、吐き出してなかなか飲み込んでくれなくても、舌が上下に動くようなら、中期に進みましょう。

離乳食の初期から中期への進め方

スポンサードリンク

初期から中期になると、食材の固さだけでなく、2回食に増えたり、使える食材も増えたりと、他にもかわることがありますね。

では、離乳食を初期から中期へとステップアップするには、どのようにしたら良いのでしょうか。

食材の固さの目安

①おかゆは完全なペースト状でなく、粒が少し残る程度にします

②野菜は3~5mm角に細かく刻み、指で軽くつぶせる位の固さにします

初期用の離乳食のストックが残っているようなら、もったいないので使ってしまいましょう!

 離乳食手づかみで食べる中期・後期の食材ベスト5

 

使い切ってから中期に進んでも良いですし、少し固さのある具材を混ぜて与えても良いです。

ストックがない場合は、まずおかゆだけ粒状にして始めてみます。

数回様子を見て、無理なく食べられるようなら、おかずも固さを残すようにします。

 

メニューは食べ慣れた物が良いでしょう。

固さに慣れてから次第にメニューの幅を広げていくと、赤ちゃんも受け入れやすいですよ。

 これで私は乗り切りました『中期離乳食の一週間献立』

 

食事の量について

2回食を始めてしばらくは、食べさせすぎないようにします。

まず量は初期の頃よりやや少なくて良いので、きちんとモグモグ・ゴックンできるように練習します。

お口の動きがきちんとできるようになったら、初期の1回分と同じ量を2回与えます。

 

いきなり量が増えると便秘になりやすく、きちんと押しつぶしができていないと便が硬くなります。

柔らかい便が出ていることも必ず確認しましょう。

便秘気味になる場合は、与える量を少し減らし、時間をかけて食べさせましょう。

 

 

もし、離乳食を食べづらそうだと感じたら・・・

離乳食 中期へステップアップ

中期に進めてみて、赤ちゃんが上手に食べれていないなと感じたら次のことを確認します。

舌を上下に動かすことができていますか?

唇をしっかり閉じて、口角を左右に同時に伸縮していれば、舌が上下しています。

この動きができていないと、食物を押しつぶすことができないので、上手く食べられません。

できていない場合は無理せずに、初期に戻しましょう。

 

補助椅子に座らせている場合は足置きに足がついているか確認します。

上あごをつかって押しつぶす際に、足が地についていないと力が入り難くなります。

地に足がつくようにし、食べる姿勢がぐらつかないよう支えてあげましょう。

 

とろみが不足していませんか?

固さを変えるだけでなく、とろみも減らしてはいないでしょうか。

慣れてくれば問題ないのですが、中期に進めたばかりではとろみが減ると食べ難いです。

中期の固さに慣れるまでは、とろみを減らさないようにしてあげてください。

ライン

中期への切り替えは、固さと量が変わるので、食べ難さが出たり、便秘気味になったりします。

少しずつ様子を見て、慣れさせながら完全に切り替えるスタンスをとると、赤ちゃんへの負担が少なく進められます。

 

慣れてくれば、パパママ用のお鍋から取り分けができるようになったり、食材の幅も広がります。

中期への完全なステップアップが楽しみですね!

 

スポンサードリンク

 - 離乳食 , , ,