*

主婦パートの人気職種は?自分に合う職種は?

   

新聞の折り込み広告やインターネットなど、今や主婦パートを始めようと思ったら様々な媒体で求人情報を見ることができます。

その職種は様々で、いったいどれを選べばいいのか迷ってしまう人がほとんどだと思います。

スポンサードリンク

パートに多い職種とは?

実際仕事をしたいと思っても、それほど多くの職種に関わった経験がある人は少ないのが現実ですから、具体的にどのような仕事をするのかが想像できませんよね。

自分がどんな職種に向いているのか、それは「やってみないと分からない」のが正直なところでしょう。

パートの職種として多いのが、事務職接客・販売業工場のラインピッキング飲食店のスタッフなどです。

接客・販売業と一言で言ってもスーパーのレジ打ちから品出し、コンビニエンスストア、ホームセンターなど、お店の中のことを全てやるような仕事も多くあります。

職種 レジ

職種 スーパー

職種 接客

 

 

それぞれの職種のメリット、デメリットを考える

どんな職種にもメリットデメリットがあります。

できるだけ自分に向いている仕事を選ぶようにしたいものです。

スポンサードリンク

 

■事務職■

<メリット>
冷暖房完備で座ったまま仕事ができます。
ランキングでも常に上位にある人気職種です。
また、平日中心の職場が多いので週末や祭日に休みやすいというのも魅力です。

<デメリット>
事務職とは言っても多くの場合は電話応対程度はまかされるものです。
ある程度の経験も必要でしょう。
また、少人数で顔を突き合わせて毎日仕事をする環境の所が多いので、人間関係がうまくいかないと苦痛を感じることも考えられます。

 

 

■スーパー・ホームセンター■

<メリット>
休日手当として時給が高くなる所が多い。
ランキングでは、ある程度子供が大きくなったパートとしては人気があるようです。

<デメリット>
週末や祭日にも働かなければいけません。

仕事内容は、お店によってはレジだけやればいい品出しだけやればいいという所と、レジも品出しも両方やらなければならないという所とがあります。

人と接するのが好きな人や身体を動かしている方が楽な人には向いています。

 

 

 

ランキングを参考にする

どの職種が自分に向いているのか、ただ想像するだけでは限界もありますよね。

そんな時にはインターネットなどで、パートのランキングなどを参考にして人気職種を選ぶのもひとつの方法です。

もちろん人気職種だから自分にも必ず合うとは限りませんが、実際に働いた人の意見なども知ることができるので、一度目を通してみることをおすすめします。

 

>>>パートの探し方は?求人サイトでの検索もフル活用!
>>>パート収入の相場は?

>>>パートの税金と新たに年収106万円の壁とは?
>>>夫の扶養に入ってパートをしている場合に確定申告は必要?
>>>パートのための税金対策とは?

スポンサードリンク

 - パート&税金 ,