*

虫歯菌に感染することで子ども虫歯になるんです

   

よく「そんなに甘いものばっかり食べていたら虫歯になるよ!」と言って甘いおやつの制限をされている子どもがいますが、甘いものが大好きだからといって必ず虫歯ができるとは限らないんですよ。

スポンサードリンク

甘いものを食べただけは虫歯にはならない

虫歯菌による感染症の一種です。

食事の途中で自分がつかっている箸で子どもに食べ物を与える親がいますが、親が虫歯菌を持っていたら子どもに感染するリスクを高めている行為となります。

極端な言い方をすれば虫歯は伝染するのです。

虫歯菌は唾液感染が主となっているので、親は病院で検査をしておくとよいですね。

口腔内の環境が良くない場合には、口移しはしないほうがいいいです。

また、一度感染したら、いつまで虫歯にかかり続けるのかと心配になりますが、コントロールできる方法はあるので、正しく実施することでリスクを減らすことは可能なので安心してくださいね。

ママ
パパも虫歯がないか歯医者さんに行ってきたら?

パパ
そうなんだよ…最近奥歯がちょっと痛いんだよ…

ママ
えぇーッ?!

 

虫歯菌は大きく2種類

唾液によって感染が確認されている菌ミュータンス菌です。

口移しによって感染するのはこの菌で、一旦感染してしまうと排除することは不可能と言われているんですよ。

この菌の特徴は酸を作り出すこで、歯のエナメル質が溶けやすくなります。

もうひとつはラクトバチルス菌で、こちらは唾液ではなく、耐水化物や糖質に多く含まれています。

特に多く含まれているのは乳酸飲料で、腸の健康には欠かせない成分でもありますが、口の中に長く滞在してミュータンス菌と共同作業をすることで虫歯が出来やすい環境を作ってしまうのですね。

スポンサードリンク

 

ミュータンス菌を減らすにはどうしたらいいか

まず、ミュータンス菌を減らすにはフッ素があります。

複数あるフッ素の中でも中でもフッ化第一スズという成分だけで、歯磨き剤ではなくジェルして販売されています。

歯磨き後に歯に塗布して使用します。

もうひとつ、歯科医院で実施しているPMTCという方法によって、ミュータンス菌が活動しているバイオフィルムをクリーニングしてもらう方法もあります。

また、この他の対策としてキシリトールも効果的です。

ガムや歯みがき剤などの製品がありますが、用いる場合には配合率が50%以上のものにすることがポイントです。

減らすほど効果はありませんが菌の威力は弱まるので、子ども虫歯のリスクは減らせますよ。

虫歯菌 幹線

 

ラクトバチラス菌を減らす方法とは

糖質の多い食品に多く含まれているラクトバチラス菌は糖分の多い食べ物の摂取を控えて口の中が賛成に偏らないようにする、また丁寧に歯みがきをすることが効果的です。

特に歯を綺麗に磨いてエナメル質がツルツルとしていると菌が住みつきにくくなります。

歯の表面だけでなく、歯間や歯の根元も丁寧に磨いておくことが大切ですね。

スポンサードリンク

 - 子どもの虫歯 , ,