*

子ども虫歯で削らない前歯や奥歯の治療方法とは?

   

わたしの下の娘が4歳のときに、前歯に小さな黒い「点」のようなものがあったので、もしかして虫歯?と思い小児歯科も対応している近所の歯医者さんに行きました。

結果は虫歯でした。子どもの虫歯は大人とは違うようです。

スポンサードリンク

虫歯が見つかったら早めの治療が大切

歯みがきをしていたのに子どもの乳歯に 虫歯ができてしまったら、早期に治療することが大切です。

子どもが嫌がるから、 予約が取れにくいからと言うのは理由にはなりません。

子どもの虫歯でも特に乳歯は進行がとても早いです。

初期の段階で治療すれば、大掛かりな治療もなく、 通院回数も少なくて済みます。

治療は一般と小児歯科を併設している 歯科医院でも構いませんが、 できるなら小児歯科を専門に行なっている
医療機関のほうが良いでしょう。

子どものための治療をしてくれるだけでく、院内の環境やスタッフの対応も子ども目線になっているので、 通院しやすいですよ。

子ども虫歯 治療

子ども虫歯の特徴

子どもの乳歯の虫歯はでき方が大人とは少し異なっています。

まず、奥歯の歯の間に出来やすいという特徴があります。そのため、口の中をしょっちゅうのぞいて、歯みがきをしていても親でさえ気づきにくいですよね。

歯ブラシが届きにくい場所なので、歯間ブラシやフロスで1本1本汚れをかき出す習慣を身に付ければ虫歯を予防できます。

また、前歯の間も虫歯になりやすい場所です。

前歯なら目立ちやすいので見逃すことはないような気がしますが、 乳歯は虫歯になっても白いままということが多いので、気がついた時には進行しているという場合もあります。

 

子ども虫歯の治療方法

ごく初期の乳歯の虫歯は削らないことが多いです。

虫歯になっても変色しないので、フッ素を患部に塗ることで歯のエナメル質を強化する治療を行います。

もう少し進んで奥歯などが小さく虫食い状態になっている場合には、患部を削りとってプラスチック素材の白い詰め物をします。

耐久性はありませんが、型をとる必要がないので その日のうちに治療が完了できます。

神経にまで進行してしまった場合には、乳歯であっても神経を抜いて痛みを押さえる治療をすることがあります。

乳歯の状態で神経を抜いてしまうと 永久歯が生えにくくなるので、このような状態にならないようにケアを行うことが大切です。

乳歯は大人の歯に比較すると柔らかく、摩滅しやすいことから恒久的な治療ができません。

治療をしても再発する確率が高いので、治療をしたからといって安心しないで、その後のケアも入念に行うことが必要なんですね。

娘もフッ素を定期的に塗りに通院して、虫歯のチェックをしてもらっています。

 

虫歯なのに治療しないことがある

最近ではほとんど利用されていませんが、虫歯で歯科医院に行ったのに、治療しないで進行止めを塗っておしまい、という治療をするケースもあります。

痛みがなく初期の虫歯の際に利用されますが、薬剤の特徴から歯が黒く変色してしまい、見栄え良いくないんです。

そのため、この治療方法は乳歯にのみ利用されたいるんですよ。

スポンサードリンク

 - 子どもの虫歯