*

子ども虫歯のでき方は?虫歯ができたらどうする?

   

歯が生え始めた頃から歯みがきの習慣を身につけて、しっかりと歯磨きをしてきたつもりなのに、健康診断でチェックれされたらとてもショックですよね。

スポンサードリンク

 

歯みがきをしていたのに虫歯できたらどうするか?

子ども虫歯は進行が早い上に黒く変色しないという特徴もあるので、専門家の目で確かめて初めて気がつくこともあるのです。

甘いモノは食べさせないようにしていても、毎食後欠かさずに歯みがきをしていても、虫歯になってしまうことは良くあります。

できてしまった以上は、早い段階でしっかりと治療を行えば 進行を食い止めることができます。

虫歯 できた

 

奥歯に虫歯できた。どうする?

乳歯の虫歯でき方でもっとも多いのは奥歯です。

奥歯の上部は磨きやすいので丁寧にケアをすれば 溝に汚れが残る可能性は低いのですが、奥歯と奥歯の間が特に虫歯菌の温床となりやすい場所です。

奥歯は密着していることが多い上に、子どもの力では歯ブラシが届いても 汚れをかき出すことが難しい場所です。

また、野菜の繊維などが挟まりやすい場所でもあります。

親が常に歯みがきチェックほすることで 防げることもありますが、歯ブラシだけでなく、デンタルブラシを利用すると汚れがたまりにくくなります。

デンタルブラシには、太さにSSSサイズなどという細いタイプまでバリエーションが豊富にあるので、適用年齢などを参考に選ぶとよいでしょう。

 

前歯の間にも汚れが溜まっている

前歯は物を噛み切るときにはよく使いますが、噛み砕く場合には奥歯を使用するので、あまり汚れが残らないような気がします。

しかし、前歯にはジュースやミルク等によって 汚れが付着しやすくなります。

前歯と前歯の間に食事のカスが挟まっていたり、歯の裏側を磨き忘れるということは良くあります。

また、哺乳ビンをいつまでも吸わせていると、前歯の根本に飲み物が溜まって虫歯の原因になることも少なくありません。

甘い飲み物を与え過ぎないことである程度は回避できますが、特に哺乳ビンで飲み物を与える場合には、白湯やカフェインレスの麦茶などで代用すると効果的です。

ママ
娘は哺乳ビンによる虫歯… 親の責任です…

 

家でできる虫歯対策とは?

最もオーソドックスな予防方法は丁寧な歯磨きです。

虫歯にかかりやすい箇所は入念なブラッシングともにデンタルフロスなども併用すると予防効果が高くなります。

最低でも、就寝前には必ず歯を磨く習慣を身につけさせ、親がしっかりと管理をして磨き残しがないように注意してあげると良いですね。

また、キシリトールを活用しても効果が上がります。キシリトールの含有率が50%以上あることが重要です。

歯科医推奨のガム、タブレット、キャンディなどを食後に食べさせると虫歯予防に役立ちますよ。

 

スポンサードリンク

 - 子どもの虫歯 ,