*

パートの面接は第一印象が大切ですよ!

   

たかが主婦パートだから…と簡単に考えていてはいけません。

きちんとした外見で臨まなければ、簡単に落とされてしまうこともあるのですから…

スポンサードリンク

主婦パートの面接の前に

希望する職種の仕事を探し、履歴書などを用意したらいよいよ面接に向けての準備が始まります。

まずは職場に電話をし面接を受けたい旨を伝え、都合の良い日を決めましょう。

面接の日が決まったら、面接で聞かれる内容を想定して答えを考えたり、落ち着いて面接を受けられるよう心の準備をすることはもちろんですが、見た目についても十分な準備をしておくことが大切です。

 

主婦パートの面接の時の服装について

たとえば私の知り合いの話ですが、小学校の給食センターの手伝いとしての仕事だったので、少しカジュアルな服装で面接に行ったところ、他の人達は全員きちんとしたスーツを着ていて慌ててしまったということがあったそうです。

残念ながら彼女はその仕事を逃してしまったそうですが、いい勉強になったそうです。

スポンサードリンク

パートの場合、職種が先ほどのように調理の補佐やスーパーのレジ、工場のライン作業など、事務職のような仕事とは雰囲気が異なるものが多いものです。するとつい、わざわざスーツを着ていく方がおかしいのではないか…と考えてしまう人もいるのではないでしょうか。

いえいえそんなことはありません。仕事内容がなんであれ、仮にも面接です。

仕事をつかむための大切な面接ですから、相手を敬う気持ちを現すためにもフォーマルな服装で参加するようにしましょう。

 

くだけた服装は失敗することもありますが、スーツを着ていればまずは服装で失敗することはありません。

華美になりすぎない、おとなしいデザインのスーツを選ぶようにしましょう。

もちろん露出が多いスーツは論外です。

面接 服装

 

髪型にも注意が必要

スーツが決まったら髪型にも気を配る必要があります。

髪型によっては清潔感が大きなマイナス点となってしまうこともあるからです。

長い髪の毛や派手な茶色の髪の毛などが自慢の人も、パートの面接の時にはあまり武器にはなりません。

 

長い髪の毛の人はきちんとひとつにまとめて行きましょう。

顔の周りに髪の毛がたれているのは不潔に見えますし、暗い印象を与えることにもなります。

明るすぎる色の茶髪は思い切って髪の色を一段階暗くすることも考えましょう。

 

また最近流行りのネイルにも気を配りましょう。

まるで夏休みに海に遊びに行くようなネイルは厳禁です。

淡いピンクか透明が望ましいですね。当然、長すぎる爪もNGです。

 

 

>>>主婦パートの面接での志望動機・自己ピーアールは?
>>>パートに応募するために準備すべきことは?履歴書は丁寧に!
>>>パート収入の相場は?

>>>パートの税金と新たに年収106万円の壁とは?
>>>パートのための税金対策とは?
>>>夫の扶養に入ってパートをしている場合に確定申告は必要?

 

スポンサードリンク

 - パート&税金 , , ,