*

ダイエットに効果的な酵素玄米の作り方とかかる電気代は?

   

酵素玄米は炊飯器でつくると簡単ですが、長い時間 保温状態にしておくので主婦としては電気代が…と気になりますよね。炊飯器なしの作り方と一緒にご紹介します。

スポンサードリンク

酵素玄米の炊飯器なしの場合の作り方

酵素玄米は玄米と小豆と塩で作ります。

炊飯器の玄米食コースを利用すると簡単ですが、炊飯器なしで作る場合には圧力釜で炊くこともできます。

炊飯器だと炊き時間は50分前後かかりますが、圧力釜なら炊き時間は20分前後です。

沸騰までと蒸らす時間を入れると1時間あれば美味しく炊くことができますよ。

その上、炊飯器よりもモチモチ感が強く炊きあがります。

ポイントは蒸らしが終わってからです。

酵素玄米は3日間の保温が大事なので、保温機能の付いている炊飯器か保温専用のジャーに移し替えましょう。

そして、1日1回、発酵が進むように釜の底からかき混ぜます。

分量の目安は、
   ・玄米 3カップ
   ・小豆 1/3カップ
   ・天然 塩小さじ1
   ・水    4 1/2カップ

 

材料を洗ったら半日水につけておきます。

沸騰したら中火で6分、弱火で9分加熱し、蒸らしは30分です

 

スポンサードリンク

 

玄米コースがある炊飯器での炊き方

炊飯器で炊く場合、
   ・玄米 3カップ
   ・小豆 30g
   ・天然塩 小さじ1
   ・水       500CC

 

玄米は水の吸い上げが鈍いので、泡立器を使って研ぎます。

これによって玄米の表面に傷がつき水が浸透しやすくなります。

半日程度水に浸してから炊飯器に入れて炊きます。炊けたら保温にして3日間寝かせます。

また、玄米コースがない炊飯器で炊く場合には、玄米と小豆、塩の分量は炊飯器用と同じですが、水の量を50CC増やして550CCで炊きます。同様に炊きあがってから美味しく食べられるまでには3日間寝かせます。

 

1日1回釜の底からかき混ぜることは他の炊き方と同じです。3日経つと、小豆の色がご飯に移って赤米のような色になります。

また、通常、豆を炊き込むときにはアクが出るので別に似てから使用しますが、酵素玄米の場合には生のまま入れて同時に炊き込みます。

炊飯器 電気代

3日間も保温を続けたら電気代が気になる

炊飯器の機種にもよりますが、5.5合炊の場合、24時間継続保温すると約13円かかります。

これが3日間だと約39円です。炊きあがりまでに約5円かかるので、1回酵素玄米を炊くのにかかる電気代は約45円ということになります。

 

1回炊くと5食分ぐらいは作れます。

3日以上保温をすると、今度は雑菌が混ざって腐食するリスクが高くなってしまいます。

また、保温をして寝かせている間は、炊飯器が使えなくなります。このことを考えると、多めに作って小分けにして冷凍保存しておくと良いでしょう。

レンジアップすればいつでもダイエットに効果的な酵素玄米を食べられますよ。

>>>酵素玄米とは?ダイエット効果を口コミでチェック

スポンサードリンク

 - ダイエット , , , ,