*

酵素とは?効果的には発酵との違いはあるの?

   

酵素と発酵との違いは、酵素はタンパク質、それを良い形にかえるのが発酵で、両者は密接な関係にあります。

 

スポンサードリンク

酵素とは?もともとは体の中にあるタンパク質

酵素とは人間に限らず生き物の体内で作られているので、もともと体内にあるものなんです。

成分的にはタンパク質の一種で体の様々な機能の働きをサポートする役割をもっています。

人間の体内には消化酵素代謝酵素があります

そして、消化酵素にも
 ・デンプンの分解をするアミラーゼ
 ・タンパク質を分解するプロテアーゼ
 ・脂肪を分解するリパーゼがあります。

 

食べ物として取り入れた栄養素が体内に吸収されやすい形にする働きをしています。

体調不良などでこれらの働きが滞ると消化不良を起こしたりするのてす。

もうひとつの代謝酵素消化酵素によってエネルギーに変化した栄養素を体内で活用させる働きを持っています。

この酵素が働かなくなると、老廃物の排泄がうまくゆかなくなったり新陳代謝が滞ったりします。

スポンサードリンク

 

食物酵素を取り入れて健康維持をする

人間の体内にある2つの酵素が不足しないためには食物酵素を取り入れるのが効果的です。

新鮮な野菜や果物、穀物、発酵食品などを積極的に食べることで、体内の酵素の働きをサポートできるので、健康維持を維持することができるのです。

健康的な生活を送るためには、3つの酵素がバランスよく体内で働くことが必要なのです。

そのため、偏った食生活を続けていると良質な酵素を取り入れることができなくなるので、体内の酵素のバランスも崩れ、便秘、肌荒れを始めとする体調不良の原因となります。

便秘はダイエットには大敵です。新鮮な酵素を積極的に取り入れる工夫をするとよいですね。

酵素 体内

酵素はタンパク質、発酵は酵母による変化

酵素は栄養素を分解させる働きを持つタンパク質の一種ですが、酵素が働きやすい環境を整えるのが発酵と考えられます。

発酵は、酵母菌自身が持っている酵素を利用して変化する時の働きのことを言います。

発酵食品の代表である納豆で考えると、大豆は納豆菌が持っている酵素を発酵させることで納豆になります。

素材を酵素の働きを利用して変化させるのが発酵なのです。

発酵による効果として、うまみを凝縮させる、栄養価をアップさせる、消化吸収を良くする等があげられます。

そして、納豆、味噌、チーズなどに代表される発酵食品は腸内環境を整える働きに長けていることから、免疫力を高めて病気にかかりにくい体にする効果を持っているんですよ。

>>>酵素ダイエットとは?リバウンドしない効果的なやり方
>>>授乳中でもあんしんな酵素ダイエットのやり方
>>>酵素玄米とは?ダイエット効果を口コミでチェック
>>>ダイエットに効果的な酵素玄米の作り方とかかる電気代は?

スポンサードリンク

 - ダイエット , ,