*

離乳食の新米ママがおさえておくべき後期の量と味付け

   

離乳食もいよいよ後期に突入ですね。

赤ちゃんの体も大きくなって、しっかりとしたおすわりができるようになってきました。

自分で食べたいものを選びとって、手づかみで食べている様子は、成長を感じられて嬉しいですよね。

この頃の赤ちゃんは食べることが大好きな子が多く、特に男の子はおやつもごはんも沢山食べます。

量だけでなく、パパママの料理にも興味津々。

可愛いからとついついあげていませんか?

食べ過ぎや濃い味付けは、赤ちゃんの体に負担がかかります。

今回は後期の量と味付けについてご紹介します。

スポンサードリンク

本人は限界知らずかも?離乳食後期の食べさせる量の目安

大人は自分がお腹いっぱいになる量を知っており、まだ食べたいと思っても、腹八分目で止めることもできますね。

でも、赤ちゃんはまだ自分の限界やちょうどいい量がわかりません。

お腹がいっぱいだと感じて食べるのを止められる子もいれば、目の前にあるだけ食べてしまう子もいます。

ですから、ママは適量を目安に献立を立てましょう。

○軟飯    80g
○野菜・果物 30~40g
○タンパク質 卵   半分
       肉・魚 15g
       乳製品 80g
       豆腐  45g

毎回量るのは大変ですから、一度量って見た目を覚えておき、その後は目分量で対応しましょう。

 離乳食の簡単で栄養満点のスペシャル献立【後期】

 

離乳食の後期、まだまだ味付けは薄味ですよ!

スポンサードリンク

まだ消化器系が発達途中の赤ちゃんには薄味を心がけます。

調味料の使用量は大人の半分くらいが目安です。

パパママ用の料理を離乳食に使いたい場合は、一旦半分量の調味料で味付けをし、赤ちゃん用に取り分けます。

取り分けた後にもう半分の調味料を加え、大人用に味を整えます。

普段から濃い味付けを好んでいるパパママは、この機会を利用して、赤ちゃんと同じ薄味に慣れるのも良いかもしれません。

物足りなさを感じる場合、お出汁や薬味を利用すると良いです。

パパママと同じ物食べたい!そんな気持ちを大切にする献立

離乳食 後期味付け量

 「パパママが食べているやつ、僕・私にもちょうだい!」という主張ありませんか?

家族の大切な団らんの時間に、欲しいと泣き叫んでいる赤ちゃんをなだめるのは、なかなか辛いものですね。

色々な食物に興味を持つのは良いことですし、できたら共有したいものです。

そこでオススメなのは、下味はごく薄くつけて調理し、食べる時に味を足せるよう、ソースやタレを用意する方法です。

 

*メニュー *

ポテトサラダ

マヨネーズや塩こしょうは半分くらいにします。
大人は食べる直前にマヨネーズや塩こしょうを足します。

 

出し巻き卵

醤油等の調味料は半分にし、出汁の量は変えません。
大人用に和風あんを別添えします。
出汁と醤油・砂糖を火にかけ、片栗粉でとろみをつければ出来上がりです。
お好みで大根おろしやかにかま等を加えても美味しいです。

 

バンバンジー

ささみを使用します。
食べやすいよう、一部を細か目にほぐしておきます。
タレは別添えで用意します。

 

焼き魚

塩をふらずに焼きます。
 大人はポン酢や醤油を後がけして味を足します。

 

ステーキ

脂身の少ない赤身を使用します。
塩こしょうは少なめにし、大人は大根おろしやわさび醤油などで食べます。

 

ハンバーグ

下味はいつもの半分ぐらいにしますが、ハーブ類の量は変えません。
ソースは別添えにし、赤ちゃんに与える分にはソースはつけません。
少量のケチャップは与えて構いません。

 

みそ汁・豚汁

大人用に味付けしたら、赤ちゃんにはお湯で2倍に味を薄めます。

 後期の忙しい朝にパパッと簡単、パンを使った朝ごはん

 

ライン

せっかくママがバランスよく作ったとしても、全部食べてくれないこともありますね。

後期といってもまだまだ食事に慣れる期間です。

作って出す時は内容・量といったバランスを考えますが、食べてくれる量にはあまりこだわらず、楽しく食べているか、きちんとモグモグゴックンしているかに重点を置きましょう。

また、パパママと同じものを欲しがったら、是非工夫して取り分けできるようにしてあげてください。

美味しいものを共有することは赤ちゃんだけでなく、パパママの気持ちも温かくしてくれますよ。

 

 

スポンサードリンク

 - 離乳食 , ,