*

子育て費用が不安…成人までに総額いくらかかるの?

   

33歳で第一子を産んだ私ですが、うれしい反面今後子育てにかかる費用に不安を感じています。そこで、成人までに子育てにかかる費用の総額を調べてみました。

スポンサードリンク

0歳から就園前まで

0歳から就園前までにかかる費用は、主にベビー用品と衣類、オムツと食費、あとはおもちゃやイベント費用でしょう。ベビー用品と衣類には10万円前後を見込んでおくといいです。

イベント費用はお宮参りや写真撮影で、お宮参りのご祈祷料は5千円からで あわせると数万円ほどとなります。

我が家はイベントごとの他に誕生日にもスタジオで写真の撮影をしました。娘なので好きなドレスの衣装を着させてパシャパシャと写真を撮影してもらっている時は「かわいい~」と有頂天ですが、写真を選んでアルバム・CD・写真立てなどをきめて金額を見るとビックリ!毎年4万円弱かかっています…

 

保育園~小学校入学まで

保育費は、認可保育園か非認可保育園か、各家庭の所得によっても変わってきます。我が家の場合は共働きのため一人月3万円ほどでした。

 

小学校入学~中学校入学まで

小学校入学では制服・学習机やランドセルなどが必要となります。

それぞれ、5万円前後を見込んでおく必要があるでしょう。

・小学校の学費は公立校の場合は約5万5千円/年で
・給食費が約4万円/年必要
・修学旅行などの学校外の活動費を含め、6年間の総額は60万円ほどとなります。

 

小学校入学の時には、じぃちゃん・ばぁちゃんが机やランドセルを用意してくれるので、助かると思います。

また、この時期が一番 貯蓄ができるといわれていますが、習い事が2つ・3つと増えていくと お月謝だけで数万円になってしまって現実はなかなか難しいですね。

我が家の娘も、スイミングにピアノを習っています。
お友だちにの中には、スイミング・そろばん・公文・和太鼓と全部で4つの習い事をしている子もいるみたいです。

スポンサードリンク

中学校入学~高校入学まで

中学校入学では、まず初めに制服や学校指定用品を購入する必要があります。これは総額6万円前後となります。

・学費と給食費が合わせて年17万円ほど
・学校外活動費などを含めると約45万円/年が必要となります。

 

高校入学~高校卒業まで

高校入学でも初めに制服や学校指定用品の購入があります。

こちらも中学校同様、総額6万円前後となります。
学費は平均約23万円/年で学校外活動費として約15万5千円かかります。そのため、年間約38万6,000円かかります。

 

大学入学から卒業まで

大学では、初めに受験料がかかります。

国公立大学および国立大学の場合
 ・センター試験3教科以上の受験料が1万8千円
 ・検定料はどちらも1万7千円

 

通常3校以上受験するのが一般的なので、その場合は6万円ほどかかることになります。

入学金と授業料は、国公立大学の場合は入学金が約28万円~40万円授業料が約53万円/年となります。

 

成人式

成人式には衣装代がかかります。購入かレンタルかによって費用は大きく変わりますが、レンタルの場合でも20万円ほどかかるでしょう。子育て 費用 成人

 

成人までの子育て費用の総額は

ここで挙げたもののほかに、生活費やレジャー費用、お小遣いなどさまざまな費用がかかります。

すべて公立校の場合は生活費と学費を合わせて成人までに約3千万円がかかることになります。

私立は公立校の約3倍の学費がかかるというので、どこかで私立に通った場合には最低でも4千万円はかかる計算となります。

ママ
 ふぅ~結構かかるのねぇ  

>>>子育て・仕事・家事を両立できるようになったコツ

スポンサードリンク

 - 子育て