*

風邪鼻水ツライ…のどの痛み・頭痛を食べ物で治す方法とは?

   

毎年、寒くなってきたころや夏の終わりには風邪が流行ります。身体がだるい、頭痛がするなど、たかが風邪とはいってもつらい症状はたくさんあります。しかし、どうしても「たかが風邪で病院には行きたくない」と思う人も多いようです。また、妊婦さんや授乳中のお母さんなど、薬を飲むことができないという人もいますよね。

そんな方々のために、食べ物での風邪治し方をご紹介します。一口に風邪といってもさまざまな症状があるので、ここでは症状別に効果のある食べ物をご紹介します。

スポンサードリンク

鼻水にはビタミンで粘膜を強化

鼻水が止まらない鼻風邪には、鼻の粘膜を強化する働きのあるビタミンAやビタミンCが豊富に含まれている食べ物が効果的です。

グレープフルーツ
ビタミンが豊富に含まれており、鼻風邪に効く食べ物としても良く知られています。
うなぎ
ビタミンAが豊富な食材です。お茶漬けなどにして、食べやすいようにするのがおすすめです。
ネギ
殺菌作用が高く、昔から焼いて首に巻くと風邪が治るなどと言われていましたが、鼻風邪には薬味として食べるのが最も効果的です。とくに、うどんの薬味として使うのがいいようです。

風邪 治し方

 

のどの痛みには殺菌効果と刺激のない食べ物を

のどの痛みはのどが炎症を起こしてしまっていることが原因です。
炎症を悪化させるような刺激の強い食べ物や、熱すぎたり冷たすぎる食べ物は厳禁です。

また、炎症を鎮める効果のある殺菌作用のある食べ物がおすすめです。

ハチミツ 
強い殺菌作用と抗炎症作用があり、のどの炎症を鎮める効果があります
玉ねぎ
高い殺菌効果を持ちます。スライスした玉ねぎを生のまま飴のようになめると、殺菌効果が最大限に発揮されます。
大根
消炎作用があります。定番の大根おろしもいいですが、短冊切りにした大根を蜂蜜に漬けてつくる大根飴は、蜂蜜の効果も加わってより効果的です。

風邪 はちみつ

風邪 たまねぎ

風邪 だいこん

スポンサードリンク

熱・頭痛を伴う風邪には身体を温める食べ物を

頭痛がある場合には、とにかく身体を温めることが大切です。

野菜なら、冬が旬で地面の下に生育し、黒や赤、オレンジなど暖色系のものにからだを温めて発汗作用を促す効果があります。

やさい
・かぼちゃ
・にんじん
・れんこん
・ごぼう
フルーツ
・りんご
・ぶどう
・さくらんぼ

 

 

 調味料にも温めるものと冷やすものがあり、発酵食品である味噌・しょうゆは身体を温める効果があります。唐辛子も発汗作用があります。

また、生姜湯や甘酒など、温かい飲み物をゆっくり飲むと内臓が温まって活性化し、免疫力が高まる効果があります。

>>>食べ物・飲み物、グッズ、部屋の温度で風邪対策

スポンサードリンク

 - 子どもの病気 , ,