*

離乳食の簡単で栄養満点のスペシャル献立【後期】

   

後期になり、食事回数や食べる量、食材の種類が随分増えました。

毎回献立を考えて調理するのは大変なことですね。

そこで今回は、簡単に作れる栄養満点のスペシャル献立をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

離乳食 後期:献立の考え方

離乳食 後期 献立1献立の基本は、主食・主菜・副菜です。

主食:おかゆ・パンなど

主菜と副菜:野菜・果物・魚・肉・乳製品などを使って作ります。

推奨される栄養バランスや食材の使用目安がありますが、毎回気にするのはとても大変なことです。

一食でカバーしようとせず、数日から一週間単位で帳尻があえば良いと考えましょう。

また、栄養を補えているかどうか、確認する簡単な方法の一つに食材の色があります。

白・赤・黄・緑・茶・黒、全ての色が入っていれば大丈夫というもの。

色を見るだけだから簡単ですね。

 

記録が面倒で、覚えている余裕もない場合は、写真に撮ってしまうのがオススメです。

2週間ほど撮りためれば、栄養バランスの確認だけでなく、献立に迷った時のアイディアとして使えます。

 離乳食の新米ママがおさえておくべき後期の量と味付け

 

 

折角だからムダのない献立を考えましょう!

スポンサードリンク

せっかく献立をたてるのですから、栄養面だけでなく、

「食材を余らせないこと」

「調理時間が短いこと」も意識してみてはどうでしょうか。

 

一度にまとまった量を作ったり、パパママ用のお料理から取り分けることで、食材をムダにすること無く、調理時間も減らせます。

まとまった量を作るのに適しているのは主食です。

おかゆや軟飯、うどん、手作りパン、パンケーキは冷凍保存ができます。

取り分けが向いているのは主菜副菜です。

ライン-バツ

煮物・炊き合わせ

調味料を半分量で味付けして、赤ちゃん用に取り分けた後、もう半分量の調味料を加えて味を調えパパママ用とします。

味付けはせず、具材を煮た段階で取り分けても良いですね。

ライン-バツ

揚げ物

下味をごく薄くしてソースや薬味を別添えします。

調理法を焼き物に変更したり、ノンフライヤーや電子レンジの揚げ物機能を使うと油を気にせず、安心して取り分けることができます。

ライン-バツ

シチュー・味噌汁など汁物

ルーや味噌をといた後、白湯で2倍に薄めて与えます。

元の味が濃い場合は、具材のみを白湯で数分煮直し、与えます。

食べ難い場合は2倍以上に薄めたルーや汁、又は白湯でパサつきを抑えます。

 

離乳食後期のスペシャル簡単献立

これまでのポイントを踏まえたスペシャル簡単献立を4つ紹介したいと思います。

主食・・・しらすとわかめのおかゆ・軟飯

主菜・・・豆腐ハンバーグ

副菜・・・じゃがいもとにんじんのソテー

 

しらすとわかめはフレークをを作って1回分ずつに小分けし、冷凍しておくと便利です。

豆腐ハンバーグはパパママのみソースを別添えします。

種に味噌を加えると塩こしょうを使わず味付けできます。

副菜はパパママの付け合わせを取り分けます。

無塩バターでソテーした後、さっと白湯にさらして余計な油分を落とします。

 

主食・・・うどん

主菜・・・鯛とじゃがいもの昆布蒸し

無塩のうどんがオススメです。

具材は最近足りていない色の食材を使うと良いですね。

鯛とじゃがいもには下味はしません。

じゃがいもの上に鯛の切り身を載せ、隙間に昆布を挿んで蒸します。

パサつきが気になる場合は、鍋にポン酢と2倍の水を入れ、煮立たせます。

片栗粉でとろみをつけ、あんかけにすると食べやすくなります。

火にかけているため、ポン酢の酸味がまろやかになり、コクと甘みが出て美味しいです。

パパママはポン酢や塩、醤油などに付けて食べます。

 

主食・・・パン

主菜・・・クリームシチュー

副菜・・・バナナ

パンは赤ちゃんと一緒に手作りするのもいいです。

生地をこねるのは楽しいですよ。

蒸しパンやパンケーキに変えてもよいですね。

クリームシチューの具材は、取り分けた時に食べやすい大きさにつぶします。

 後期の忙しい朝にパパッと簡単、パンを使った朝ごはん

 

 

主食・・・納豆しらすおかゆ・軟飯

主菜・・・豚汁

副菜・・・フルーツヨーグルト

豚汁は取り分けを利用します。

野菜の種類を多くし、具沢山にすると栄養満点になりますね。

ヨーグルトは無糖にします。

加えるフルーツは加熱しておくことで甘みが強くなり、ヨーグルトを食べやすくしてくれます。

ライン

冷凍保存と取り分けを上手く使うことで、食材のムダが出にくく、調理の工程も大幅に減らすことができます。

また、取り分けは、赤ちゃんにとっても、パパママと同じ献立を食べられて、嬉しいはずです。

ママが楽して赤ちゃんも幸せになれる献立、是非作ってみて下さいね。

 

 

スポンサードリンク

 - 離乳食 , ,