*

子ども虫歯は市販の痛み止めで対応できる?

   

歯科医院の休診日や夜中に限って子どもの歯が痛み出すということが良くあります。

近所に子ども虫歯対応の夜間・救急歯科医院がある環境はまれですから、緊急対応策として市販薬を常備しておくと安心ですよ。

スポンサードリンク

子ども虫歯の市販の痛み止めはどうなの?

子供用の痛み止めがいくつか販売されています。

たいてい第2類医薬品に分類されているので、病院で処方される薬よりは強い成分は使用されていません。

そのため空腹時を避けて利用すれば胃に負担がかかる心配はありません。

保護者が成分や子どもの体質を確認して購入すること、使用方法や飲む量を必ず守って利用することに注意をすれば、特に問題はないでしょう。

病院の処方薬より効き目は穏やかですが、眠れないほどの痛みからは開放されますよ。

虫歯 市販 痛み止め

 

子ども用の痛み止めを常備していない

最近はコンビニでも風邪薬・痛み止めなど一部の薬を販売していますので、深夜などの緊急時に購入することは可能です。

コンビニが近くにあれば良いのですが、それでも子どもを置いて買いに行くのは はばかられますよね。

子ども用の飲み薬には15歳未満という年齢制限がありますが、子ども用の市販の痛み止めを常備していない場合、大人用で代用することは可能です。

また、最低年齢も3歳以上に規定されているものがほとんどです。

6才以上の場合には半分の量を飲ませます。
3歳から6歳なら3分の1の量を飲ませる事ができます。

 

ただし、15歳以下の子どもには危険な薬品と規制されているアスピリン含まれていない薬に限ります

また、3歳以下の幼児の場合には薬は服用させないほうが安全です。

可哀想ですが薬以外の対処を行うか、発熱や腫れなどが著しい場合には救急車による対応も視野にいれておきましょう。

口腔外科や小児科で対応してくれることがあります。

 

痛み止めを飲ますのは怖い

小さな子どもが歯の痛みで苦しんでいても、市販の痛み止めを飲ますのは怖いという保護者がいます。

そのような場合には、他の対処方法を試みると良いかもしれませんね。

食べ物のカスが歯の間に残っていて痛むこともあるので、まず、歯みがきをして口の中をきれいにします。

虫歯があっても口の中をきれいにすると痛みを和らげることができます。

それでも痛い場合には、痛みがある側の額を冷やすのも効果的です。

また、入浴は血の巡りがよくなって痛みが増してしまうので避けましょう

暖房器具で必要以上に体を温めることも避けたほうが賢明です。

いずれにしても、薬や緊急処置に頼りすぎずにできるだけ早く歯科医院での治療を受けることが大切ですね

ママ
痛がっている わが子を見るのは嫌ですものね

スポンサードリンク

 - 子どもの虫歯 ,